薬局及び医療機関に対するニーズ調査
薬局及び医療機関に対するニーズ調査
薬局及び医療機関に対するニーズ調査
薬局及び医療機関に対するニーズ調査
医療機関の患者数・特性 医療機関へのヒアリング(自己申告)調査結果では、NCDsのため民間医療機関に来院する患者数が全体の9割を超え、その数は横ばいか増加傾向にある。 薬局の売上、顧客数・特性 低所得者を対象に小口販売(薬品のばら売り)を行う小規模店舗が多いが、1店舗当たり利用者数は月間延べ約1,400人、売上額は年間平均約135万円であり、鎮痛剤、胃酸抑制薬を主力に、今後も地域の需要に即した一定の市場規模が見込まれる。
よくある質問をご覧いただき、ご質問が解決しない場合は、下記お問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。